セレモニー杯 5位 subTitle「ウサギと亀」

Dクラスとしての最後の公式試合・・・有終の美で飾りたかったけど・・・

残念な結果で終えました

残念なのは順位ではなく、試合内容です

 

チーム富士見のみんなは「ウサギと亀」のお話しを知っているだろうか?

簡単に説明すると「足の速いウサギが己の能力を過信し油断したがゆえに、コツコツと地道に歩き続けたノロマな亀に敗れてしまう。」いわゆる『努力に勝る天才なし』という教訓を持ったお話しです。

どれほど高い能力や才能を持っていても、その上にあぐらをかいて怠ければ、 地道に努力を積み重ねる人に足元をすくわれてしまう。そしてもう一つ!!このお話しには教訓が隠れていると、あるHPに書かれていました。

『ウサギは亀ばかり見ていた。亀はゴールだけを見ていた。』というもの。

つまり、ウサギは競争相手である亀の動向ばかりを気にしていたため、つい油断してしまった。対する亀は、ウサギを気にせずゴールだけを見て、
ひたすらゴールに向かって歩き続けたことで勝利を得た。『目的への意識の差』が勝敗を分けた、つまり『一意専心』の大切さを示した教訓でもあるのです。

 

色々な大会で連覇して、心のどこかで「自分達すげぇ」って思っていなかっただろうか?「余裕で勝てる」って思っていなかっただろうか?

貪欲にゴールを目指しただろうか?死に物狂いでゴールを守れただろうか?声を掛け合ってコミュニケーションを取れていただろうか?

私はサッカーを知らない素人ですから、細かい技術的な敗因はわかりません。でも全くワクワクする試合ではなかったなぁという事は分かります。

負けている試合でも良い試合内容であればワクワクしてくるものです。本当に今大会は残念でした。

 

さぁ!!いつまでも落ち込んではいられませんよ!!

自分達の目指すゴールは何なのか?ゴールへたどり着くためにやるべきことは何なのか?今出来ることは何なのか?

まずはみんなで目的意識のすり合わせが必要かもしれません。

チームみんながそれぞれコツコツと努力を積み重ね、しっかり目標を定め、目的を持って練習に臨むことで未来は変わってくると思います

気持ちを入れ替え、輝かしい未来に向かって頑張っていこう!!

 

大会関係者の皆様、対戦相手の皆さま、応援に駆け付けてくれた保護者の皆様、

ありがとうございました